<puig (プーチ)screen>

やはりネイキッドは風圧がきついので
私もスクリーンを取り付ける事にしました。
スクリーンを付けると造形の美しさの
バランスがくずれてかっこ悪くなると
思い取り付けをためらっていました。
さてどこのメーカーの物にしようか色々
品定めした結果、F.FabbriのGEN-Xか
puigのNEW-GENERATIONが候補となり
ました。
やはり防風性能を求めているのでpuigにする
事としました。
puigのNEW-GENERATIONというスクリーン
はZ1000には定番中の定番で種類が
shortとlongの2タイプ 選択できます。
shortがスポーツでlongがツーリングという
位置づけがされております。


shortの方がフロントのバランスを崩さず
かっこ良いですが当然防風効果は減ります。
せっかくお金を掛けて付けるのに防風効果が
少ないのは私的にはどうか?と思いまして
longの方をチョイスしました。
screenは透明とグリーンのどちらにするか
悩みましたが、私のバイクの色合いと流れ
からしてグリーンが合うかなと思い
透明はやめました。
今のところメーカーHPでは2017までに
なっておりましたが2018年モデルも一緒
なので当然、簡単に 取り付けできます。
取り付けた感想はといいますと
思った以上に似合うんじゃない?
と言うか逆にかっこ良いかも♪(´ε` )
仮面ライダークウガかアギトといった所で
しょうか。
ツーリングの時だけ付けて後は外しておこうか
と思っていましたが常時付けっ放しにしておく
事とします。
走行してみた感想は、付ける前と後では
風圧を受ける量が雲泥の差で減りました。
一般の走行姿勢では胸に当たる風がかなり
軽減されます。
戦闘姿勢を取るとヘルメットの半分より下は
風を受けません。これにより風圧で頭が後ろへ
持って行かれる事は無くなります。
思いっきり伏せても頭全体をカバーするのは
無理ですがリミッターが効く速度でも風圧は
大丈夫・・・・・・な位だと思います。
ただし、両肩は風をもろに受けますので
さすがに快適と言う訳ではありません。
高速走行もこれでOK。
Z1000SXはらくちんだったなーと、いまさら
ながらに思います。さすがツーリングマシン
だけの事はあったと。

マフラーガードを取り付け。
World Walkというメーカーで中華です。
この画像は購入後半年経過の物です。
黒を購入しました。
購入時は真っ黒でしたが、ご覧の様に
日焼けであっというまにブラウンです。
商品の性質上、安い訳で私的には特に問題
ありません。
ただ左側はまだ真っ黒です(・・;)