2017年11月
ETC取付とアクセサリー電源取り。
ETCもZ1000SXからの流用です。
イグニッション電源をどこから取ろうか検討。
Z1000SXはフロントカウルの中にサービス
電源が用意されていたけどZ1000には無いみたい。
定番のナンバー灯から分岐する事にしました。
まずはカウルの取り外し。
基本はNInja1000と同じっぽく、多少違う位です。
ただリアカウルが軽く外れなくてドキドキしました。
上のネジ1本外したら後はスライドするだけでした。
しかしけっこう硬かったので勇気がいりました。
取り外したリアカウルを裏から見た画像です。

気をつけたいのがこちら。
テールランプに接する下側にあるフックです。
Ninja1000のフロントカウルにある例の爪と同じ
形状のやつで、NInja1000の人は結構折って
しまっている人がいる代物です。
これは1箇所なので最後に前方にスライドさせて
やれば外れます。
変に上へ持ち上げて手前へ回転させてしまうと
折れる かもですが、私は無事取りはずせました。
取り外すまで形状を知らなかったので後で
冷や汗がでました。
無理に引っ張らなくてよかったー (⌒-⌒; )
話が前後しますが、まず上面のネジ1本はずしたら
次に下の2箇所のフックをはずします。
簡単には外れません。
カタカタやってたら外れました。
形状が判明したたので簡単な外し方が解りました。
後は前述の通り爪が折れない様に前方へスライド
させればカウルは外れる訳です。
Ninja1000ほど神経使う必要は無いです。
簡単な外し方はと言いますと
はずれにくいフックはこんな形状で下の黒い
シート裏カウルと噛み合っています。
黄色い矢印部分に噛み合っています。
シート側からアプローチするために
キャニスターをどけます。
これは差し込まれているだけで固定されていませんので
引っ張り出す事ができます。
すると 手前側のフック噛み合い部分が上から見えますので
黄色い矢印位置の黒い樹脂側を指で下に押してやれば
スコッと外れます。
これが安全な方法かと私は思います。
画像は外した後のものです
さてようやくアクセサリー電源の取り出し。
テールランプの配線はフロントシートの下の
タンデムシート側にカプラーで接続されて
いましたのでそれを取り外し。
本体の金具にかましてあるので、どうしても
カウルを外さないとこの作業は難しそうです。
カプラーを外したら引っ張り出して、早々
配線をぶった切りました。
分岐用のぎぼしを加工し(ETCとACC用のコードを
まとめて一つのぎぼしにしてます)
ETCとアクセサリー電源を本線から分岐させて
おしまいです。
シート下にETCとアクセサリー電源設置完了です。
あとはDCソケットをこれに接続させるだけ。
シガーソケットはこの位置に取付
ここに付けてる人は他にはいないんじゃないかな。
私の使い勝手ですとこの位置がベストなんです。
USBを使う時はアダプターで対応。
Z1000SXの時は横にUSBが付いたやつを付けてたけど
USB側は1Aしかなくて結局使い物にならなかったから
今回はシングルにしました。
スマホホルダーは取り付ける所が無いので
ミラーの支柱に取付。
これが思った以上に調子が良い。
スマホナビの確認
バッチリでございます。
電源も問題なく作動。
ま、こんな使い方する事ほとんど無いけどね(-。-;
ECU書き換えでリミッターカットを依頼するため
取り外し。
ECUは引っ掛けられているだけなので
はずして引っ張り出せば良いだけです。
ECU取り外しはとても簡単。